2013年08月の記事一覧(2) | FXレバレッジ規制でも安心のFX業者

アーカイブ :

外為オプション取引 自主規制ルールへの今後の対応について

平素はGMOクリック証券をご利用いただき誠にありがとうございます。

一般社団法人金融先物取引業協会にて、自主規制ルール「個人向け店頭バイナリーオプション取引業務取扱規則」が2013年7月18日に制定され、2013年8月1日に施行されました。

外為オプション取引における自主規制ルールへの対応につきまして、下記のとおり今後の対応予定をお知らせいたします。

■自主規制ルールへの対応内容(2013年11月変更予定)

正式な変更日は決定次第、ホームページおよび会員ページ内のお知らせにてご案内いたします。

お取引の条件 現在 変更後
1回号あたりの取引時間 10分 2時間以上
権利行使価格の確定タイミング START時間に確定
(=注文受付終了時に確定)
各回号開始前に確定
(=注文受付開始前に確定)
途中購入・転売 不可 可能
(取引時間の終了直前まで)
外為オプションに関する知識チェック(口座開設時) なし あり
(11月の本変更対応以降に外為オプション取引口座を新規開設されるお客様のみ対象です)

<自主規制ルールへの当社のこれまでの対応 (8月1日実績)>

1. 留意事項・取引月次実績の公表
取引にあたってのリスク・商品内容の説明を徹底するため、投資にあたっての留意事項をとりまとめ、サービス開始時点(2011年3月約定分)からのお客様全体の損益実績を開示しております。

▽留意事項
https://www.click-sec.com/corp/guide/fxop/atention/

▽外為オプション取引月次実績
https://www.click-sec.com/corp/guide/fxop/atention/pdf/monthly_trading.pdf

2. 取引ルール等の説明追加
現行の外為オプション取引の取引説明書、取引ルール、商品紹介ならびに予備知識についてより分かりやすくなるよう説明を追加しました。

▽取引説明書(契約締結前交付書面・注意喚起文書)
https://www.click-sec.com/corp/guide/regulations/pdf/reg_fxop_risk.pdf

▽取引ルール
https://www.click-sec.com/corp/guide/fxop/rule/

▽外為オプション取引の特長
https://www.click-sec.com/corp/guide/fxop/info/

▽予備知識
https://www.click-sec.com/corp/guide/fxop/study/

<自主規制ルールについて>
個人向け店頭バイナリーオプション取引業務取扱規則(以下「BO規則」」は、昨年9月から今年4月まで一般社団法人金融先物取引業協会(以下「金先協会」)内に設置された「バイナリーオプションワーキンググループ(以下「BOWG」)」での議論の結果や、BOWGが昨年12月に金先協会員各社に公表した「【個人向けバイナリーオプション取引】規制骨子」などをもとに、バイナリーオプション取引を個人投資家向けの健全な金融商品として発展させるための自主規制ルールとして制定されたものです。

BO規則の詳細につきましては、金先協会のホームページでご確認ください。
▽個人向け通貨関連店頭バイナリーオプション規制について(一般社団法人金融先物取引業協会)
http://www.ffaj.or.jp/binop/

今後とも、GMOクリック証券をご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

外為オプション取引 2013年7月の月次取引実績のお知らせ

外為オプション取引の2013年7月の月次取引実績をお知らせいたします。

■2013年7月の月次取引実績
▽総取引金額に対する、総支払金額の割合
99.22%

▽取引口座に対する、損失発生口座の割合
70.94%

総取引金額 :お客様の購入金額の合計額です。
総支払金額 :お客様への支払金額(購入金額に倍率を乗じた金額)の合計額です。
取引口座  :月中に約定があった口座数です。
損失発生口座:月間通算損益がマイナス(損失)になった口座数です。


過去の月次取引状況は、こちらよりご覧ください。
https://www.click-sec.com/corp/guide/fxop/atention/pdf/monthly_trading.pdf

今後とも、GMOクリック証券をご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

iClickFX365 バージョンアップのお知らせ(Ver.1.2.0)

2013年8月7日(水)より、バージョンアップしたiClickFX365(Ver.1.2.0)がご利用いただけるようになりました。
iClickFX365をご利用のお客様は、お手数ですがアップデートを行ってくださいますようお願い申し上げます。

<iClickFX365 バージョンアップ>
「iClickFX365」は、豊富なテクニカルチャートやスピード注文が搭載されたハイスペックな"くりっく365取引専用"のiPhoneアプリです。

■アップデート日時
2013年8月7日(水)の10:00頃より

■Ver.1.2.0の主な機能追加/変更
▽iPhone5対応
4インチRetinaディスプレイに対応し、対応OSをiOS4.0以上から4.3以上に変更しました。

▽アイコンの変更
アイコンのデザインを変更しました。

■ダウンロード
App Storeから無料でダウンロードしていただけます。

▽App Store iClickFX365【PC用ページ】
https://itunes.apple.com/jp/app/iclickfx365/id442666039?mt=8

■ご注意
iClickFX365「Ver.1.2.0」は、8月17日(土) 12:00以降、ご利用いただけなくなりますのでご注意ください。

▽iClickFX365の詳細・リリースノートは以下のページをご参照ください。【PC用ページ】
https://www.click-sec.com/corp/tool/iclickfx365/


今後とも、GMOクリック証券をご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

2013年 上半期FX取引高 世界第1位! ~Forex Magnates社「2013年上半期取引高調査報告書」調べ~

GMOクリック証券
2013年 上半期FX取引高 世界第1位
〜Forex Magnates社「2013年上半期取引高調査報告書」調べ〜

GMOインターネットグループのGMOクリック証券株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:高島 秀行 以下:当社)は、2013年上半期(2013年1月〜6月)のFX取引高(売買代金)が世界第1位となりましたことを、お知らせいたします。なお、当社は、2012年年間についてもFX取引高(売買代金)世界第1位を記録しております。

 

当社は、2006年10月の店頭外国為替証拠金取引「FXネオ」サービス開始以来、当社理念である「より安く、より使いやすく」を基に業界最小水準のスプレッドや利便性の高いサービスの提供を心掛けてまいりました。

 

2012年12月の衆議院選挙以降は急激な円安局面となり、2013年4月の黒田日銀新総裁による金融緩和の決定や、1ドル100円台回復など、外部環境の大きな変化が起きましたが、当社は安定したスプレッドやシステムを維持し、2013年3月には、店頭FX取引「FXネオ」専用iPhoneアプリ『iClickFXneo』をリリースするなど、このような状況下においても当社理念を貫いたサービス提供を行ってまいりました。

その結果、多くのお客様に当社をご愛顧・ご支持いただき、この度の2013年上半期のFX取引高における世界第1位獲得につながったものと考えております。

 

<当社取引高シェア>

※Forex Magnates社「2013年上半期取引高調査報告書」において、2013年1〜6月のFX取引高(売買代金/ドル換算)1位を獲得。上記の図は、報告書に基づく世界上位10社のシェアであり当社にて作成。

 

■Forex Magnates社について
2009年にFXの専門家であるMichael Greenbergが創業した、FXビジネスに取り組む人の為の電子業界誌。世界のFX関連ニュース、業者動向、取材記事、独自調査報告書などを提供しています。

 

▼Forex Magnates社のレポートの詳細は以下のページをご参照ください。
http://jp.forexmagnates.com/2013/08/01/forex-brokers/12259

 

当社は、今後も業界最低水準の手数料体系を維持するとともに、お客様の多様なニーズにもお応えし、総合的な金融サービスをご提供できるよう取扱商品の充実に取り組みます。さらに、より使いやすく、より利便性の高い最先端の取引システムと革新的なサービスを提供するために邁進してまいります。

 

≪公式Facebookページをオープンしました!≫

印刷用

 

 

【報道関係お問合わせ先】

 

◆ GMOクリック証券株式会社 経営企画部
TEL:03-6221-0203  FAX:03-3770-3005
E-mail:お問い合わせアドレス

 

GMOクリック証券株式会社 会社概要

会社名 GMOクリック証券株式会社 <https://www.click-sec.com/ >
所在地 東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー
代表取締役社長 高島 秀行
事業内容 金融商品取引法に基づく金融商品取引業
資本金 43億4,666万3,925円
▲Page Top