2015年01月の記事一覧 | FXレバレッジ規制でも安心のFX業者

アーカイブ :

2014年 年間FX取引高 世界第1位!~2012年、2013年に続き3年連続で世界第1位を達成~

GMOクリック証券
2014年 年間FX取引高 世界第1位※!
〜2012年、2013年に続き3年連続で世界第1位を達成〜

GMOインターネットグループのGMOクリック証券株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:鬼頭 弘泰 以下:当社)は、2014年の年間FX取引高(売買代金)が世界第1位となりましたことを、お知らせいたします。なお、当社は、2012年、2013年においても年間FX取引高(売買代金)世界第1位を記録しており、3年連続で年間FX取引高世界第1位となりましたことを併せてお知らせいたします。

 

当社は、2006年10月の店頭外国為替証拠金取引「FXネオ」サービス開始以来、当社理念である「より安く、より使いやすく」を基に業界最小水準のスプレッドや利便性の高いサービスの提供を心掛けてまいりました。
2014年前半は外国為替相場のボラティリティが極端に低下し膠着状態が続いておりましたが、夏以降、円安進行によりボラティリティも上昇し、さらに2014年10月末の日銀による追加金融緩和のサプライズにより円安が大きく進み、年初に105円台からスタートしたドル円相場は12月には120円台にまで円安が進行するなど、外部環境の大きな変化が起きるなか、当社は店頭FX取引「FXネオ」におけるスプレッド縮小、ツールのバージョンアップ、各種キャンペーンの実施など、当社理念を貫いたサービス提供を行ってまいりました。

 

その結果、多くのお客様に当社をご愛顧・ご支持いただき、2012年、2013年に引き続き2014年においても、年間FX取引高における世界第1位獲得につながったものと考えております。

 

<当社取引高シェア>

※Forex Magnates社「2014年年間取引高調査報告書」において、2014年1〜12月のFX取引高(売買代金/ドル換算)1位を獲得。上記の図は、報告書に基づく世界上位10社のシェアであり当社にて作成。

 

■Forex Magnates(フォレックス・マグネイト)社について

2009年にFXの専門家であるMichael Greenbergが創業した、FXビジネスに取り組む人の為の電子業界誌。世界のFX関連ニュース、業者動向、取材記事、独自調査報告書などを提供しています。

 

▼Forex Magnates社のレポートの詳細は以下のページをご参照ください。

 

当社は、今後も業界最低水準の手数料体系を維持するとともに、お客様の多様なニーズにもお応えし、総合的な金融サービスをご提供できるよう取扱商品の充実に取り組みます。さらに、より使いやすく、より利便性の高い最先端の取引システムと革新的なサービスを提供するために邁進してまいります。

 

≪GMOクリック証券公式Facebookページ≫

印刷用

 

GMOクリック証券株式会社 会社概要

会社名 GMOクリック証券株式会社 <https://www.click-sec.com/ >
所在地 東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー
代表取締役社長 鬼頭 弘泰
事業内容 金融商品取引法に基づく金融商品取引業
資本金 43億4,666万3,925円

『「モウカルボナーラ」プレゼントキャンペーン』期間延長(2015年2月27日まで)

GMOクリック証券
『「モウカルボナーラ」プレゼントキャンペーン』期間延長!
(2015年2月27日まで)

GMOインターネットグループのGMOクリック証券株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:鬼頭 弘泰 以下:当社)は、『パスタもセット!濃厚「モウカルボナーラ」プレゼントキャンペーン』を2015年2月27 日まで延長することを決定しましたので、お知らせいたします。

当社は、2014年12月26日より、『パスタもセット!濃厚「モウカルボナーラ」プレゼントキャンペーン』を実施してまいりましたが、この度、多くのお客様からのご好評を受け、キャンペーンの期間延長を決定いたしました。なお、12月、1月にお申し込みいただいたお客様も、再びお申し込みいただけます。

■キャンペーン概要

キャンペーン期間中にキャンペーン申込フォームよりお申し込みをされた個人のお客様を対象に、FXネオ取引のキャンペーン対象通貨ペア(ユーロ/円、ポンド/円、豪ドル/円)の合計取引数量に応じて、GMOクリック証券オリジナルの「モウカルボナーラ」をプレゼントいたします。

【キャンペーン期間】

  • キャンペーン申込期間:2015年1月30日(金)〜2015年2月27日(金)
  • FXネオ取引数量集計期間:2015年2月2日(月)午前7:00約定分〜2015年2月27日(金)ニューヨーククローズ約定分まで

【対象取引】

  • FXネオ取引

【対象通貨ペア】

  • ユーロ/円
  • ポンド/円
  • 豪ドル/円

【プレゼント内容】

  • 新規建て10万通貨単位以上 :「モウカルボナーラ」×1食分
  • 新規建て50万通貨単位以上 :「モウカルボナーラ」×3食分
  • 新規建て100万通貨単位以上:「モウカルボナーラ」×5食分
  • GMOクリック証券オリジナル「モウカルボナーラ」の特徴
    GMOクリック証券が自社開発したオリジナルのカルボナーラです。
    ベーコンの代わりに牛肉を使用し、濃厚なチーズと黒コショウの風味豊かなオリジナルカルボナーラです。さらに国産小麦とデュラムセモリナ粉を独自のブレンドで作ったオリジナルのパスタもセットでプレゼントいたします。ぜひ、この機会にお召し上がりください。

【プレゼント商品配送方法】

キャンペーン期間終了後1〜2か月程度で、キャンペーン専用申込フォームよりご入力されたご住所宛にお送りさせていただきます。

  • 配送希望日、時間帯のご指定はできませんのであらかじめご了承ください。

【注意事項】

  • 本キャンペーンは、お取引条件を満たした方全員を対象とするものではございません。キャンペーン専用申込フォームよりキャンペーン申込が必要となりますのでご注意ください。
  • お一人様一回限りのお申し込みとさせていただきます。
  • 法人のお客様は本キャンペーンの対象外とさせていただきます。
  • 定期メンテナンス中(毎日5:30〜6:00、土曜8:00〜12:00)は、キャンペーンのお申込を受け付けておりません。
  • 新規建て取引のみキャンペーン対象としてカウントいたします。決済取引は対象外となります。
  • 取引数量はキャンペーン期間中に約定した数量のみ対象としてカウントいたします。未約定の注文についてはカウントされません。
  • キャンペーン該当状況に関するお問い合わせにはお答えできません。あらかじめご了承ください。
  • イタズラ、重複、虚偽のデータなどでのお申込や、お客様のお取引状況によっては、キャンペーン該当条件を満たしている場合においても、対象外とさせていただく場合がございます。
  • キャンペーン期間中に口座を解約された方は、本キャンペーンの対象外となります。
  • 発送先にてキャンペーン商品がお受け取りいただけず当社に戻ってきた場合、再送はできませんのであらかじめご了承ください。
  • 本キャンペーンは、当社の都合により予告なく変更または終了することがございます。あらかじめご了承ください。

キャンペーンの詳細は、下記をご覧ください。

当社は、今後も業界最低水準の手数料体系を維持するとともに、お客様の多様なニーズにもお応えし、総合的な金融サービスをご提供できるよう取扱商品の充実に取り組みます。さらに、より使いやすく、より利便性の高い最先端の取引システムと革新的なサービスを提供するために邁進してまいります。

≪GMOクリック証券公式Facebookページ≫

印刷用

GMOクリック証券株式会社 会社概要

会社名 GMOクリック証券株式会社 <https://www.click-sec.com/ >
所在地 東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー
代表取締役社長 鬼頭 弘泰
事業内容 金融商品取引法に基づく金融商品取引業
資本金 43億4,666万3,925円

2014年12月CFD取引高ランキングを発表~全銘柄取引高第1位は日本225、第2位は原油

GMOクリック証券
2014年12月CFD取引高ランキングを発表
〜全銘柄取引高第1位は日本225、第2位は原油〜

GMOインターネットグループのGMOクリック証券株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:鬼頭 弘泰 以下:当社)は、2014年12月より外国株CFDの提供を開始以降、これまで以上に多くのお客様よりご好評いただいているCFD取引について、2014年12月の取引高ランキングを発表いたします。

2014年12月のマーケットは、世界的な需要減観測やシェールオイル増産などを背景に低迷していた原油相場が、11月末の石油輸出国機構(OPEC)による減産見送り決定を受け急落、12月以降も下落が続き、月初に69ドルだったニューヨーク原油先物は、月末には53.27ドルにまで原油安が進みました。

また、12月の日経平均株価は、米国景気回復や円安進行を背景に上昇して幕を開け、12月8日には7年4カ月ぶりに18,000円台を回復しました。その後、欧州株安や急激な原油安などを背景に中旬まで下落基調が続き17,000円台を割る場面もあったものの、円安進行や、原油安の一服などを受けて上昇し、17,450円77銭で大納会を迎えました。

このようなマーケットを背景に2014年12月の当社CFD取引高は前月比45.1%増となりました。CFD銘柄別では、12月に最も取引高が多かった銘柄は「日本225」、続いて「原油」、「米国30」となりました。

■当社CFD取引全銘柄の取引高ランキングは以下のとおりです。

総合ランキング
順位 銘柄 順位 銘柄
1位 日本225 6位 ドイツ30
2位 原油 7位 香港H
3位 米国30 8位 米国NQ100
4位 上海A50 9位 銀スポット
5位 金スポット 10位 米国S500

また、2014年12月より取扱開始した外国株CFDの取引高では、米・大手ハイテク銘柄のAppleが第1位、米・石油・天然ガスサービス会社のハリバートンが第2位、米・デルタ航空が第3位と米国株CFDがトップ3を占める結果となりました。中国株CFDでは、チャイナ・ライフ・インシュアランスが取引高第6位にランクインしました。

■外国株CFDの取引高ランキングは以下のとおりです。

外国株CFDランキング
順位 銘柄 順位 銘柄
1位 Apple 6位 チャイナ・ライフ・インシュアランス
2位 ハリバートン 7位 アリババ
3位 デルタ航空 8位 アルコア
4位 エクソンモービル 9位 ボーイング
5位 Facebook 10位 NIKE

当社は、今後も業界最低水準の手数料体系を維持するとともに、お客様の多様なニーズにもお応えし、総合的な金融サービスをご提供できるよう取扱商品の充実に取り組みます。さらに、より使いやすく、より利便性の高い最先端の取引システムと革新的なサービスを提供するために邁進してまいります。

≪GMOクリック証券公式Facebookページ≫

印刷用

GMOクリック証券株式会社 会社概要

会社名 GMOクリック証券株式会社 <https://www.click-sec.com/ >
所在地 東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー
代表取締役社長 鬼頭 弘泰
事業内容 金融商品取引法に基づく金融商品取引業
資本金 43億4,666万3,925円

スイスフラン急騰による当社業績及び財政状態への影響について

GMOクリック証券
スイスフラン急騰による当社業績及び財政状態への影響について

2015年1月15日に、スイス国立銀行(中央銀行)が、スイスフランのユーロ相場に対する上限を撤廃したことを受け、スイスフラン相場が急激に変動しました。

これにより、当社では、一部の外国為替証拠金取引顧客に対する未収金が、現時点で約1.1億円発生いたしましたが、当社業績及び財政状態に与える影響は極めて軽微であります。

以上

≪GMOクリック証券公式Facebookページ≫

印刷用

GMOクリック証券株式会社 会社概要

会社名 GMOクリック証券株式会社 <https://www.click-sec.com/ >
所在地 東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー
代表取締役社長 鬼頭 弘泰
事業内容 金融商品取引法に基づく金融商品取引業
資本金 43億4,666万3,925円

外為オプション取引 2014年12月の月次取引実績のお知らせ

外為オプション取引の2014年12月の月次取引実績をお知らせいたします。

■ラダーオプション
▽総取引金額に対する、総支払金額の割合
102.01%

▽取引口座に対する、損失発生口座の割合
71.49%


総取引金額 :お客様の購入金額の合計額です。
総支払金額 :外為オプション取引におけるお客様への支払金額(転売金額、権利行使によるペイアウト金額)の合計額です。
取引口座  :月中に約定があった口座数です。
損失発生口座:月間通算損益がマイナス(損失)になった口座数です。


過去の月次取引状況は、こちらよりご覧ください。
https://www.click-sec.com/corp/guide/fxop/atention/pdf/monthly_trading.pdf


今後とも、GMOクリック証券をご愛顧賜りますようお願い申し上げます。
▲Page Top