225 タグの記事一覧 | FXレバレッジ規制でも安心のFX業者

アーカイブ : 「225 」タグ

2014年12月CFD取引高ランキングを発表~全銘柄取引高第1位は日本225、第2位は原油

GMOクリック証券
2014年12月CFD取引高ランキングを発表
〜全銘柄取引高第1位は日本225、第2位は原油〜

GMOインターネットグループのGMOクリック証券株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:鬼頭 弘泰 以下:当社)は、2014年12月より外国株CFDの提供を開始以降、これまで以上に多くのお客様よりご好評いただいているCFD取引について、2014年12月の取引高ランキングを発表いたします。

2014年12月のマーケットは、世界的な需要減観測やシェールオイル増産などを背景に低迷していた原油相場が、11月末の石油輸出国機構(OPEC)による減産見送り決定を受け急落、12月以降も下落が続き、月初に69ドルだったニューヨーク原油先物は、月末には53.27ドルにまで原油安が進みました。

また、12月の日経平均株価は、米国景気回復や円安進行を背景に上昇して幕を開け、12月8日には7年4カ月ぶりに18,000円台を回復しました。その後、欧州株安や急激な原油安などを背景に中旬まで下落基調が続き17,000円台を割る場面もあったものの、円安進行や、原油安の一服などを受けて上昇し、17,450円77銭で大納会を迎えました。

このようなマーケットを背景に2014年12月の当社CFD取引高は前月比45.1%増となりました。CFD銘柄別では、12月に最も取引高が多かった銘柄は「日本225」、続いて「原油」、「米国30」となりました。

■当社CFD取引全銘柄の取引高ランキングは以下のとおりです。

総合ランキング
順位 銘柄 順位 銘柄
1位 日本225 6位 ドイツ30
2位 原油 7位 香港H
3位 米国30 8位 米国NQ100
4位 上海A50 9位 銀スポット
5位 金スポット 10位 米国S500

また、2014年12月より取扱開始した外国株CFDの取引高では、米・大手ハイテク銘柄のAppleが第1位、米・石油・天然ガスサービス会社のハリバートンが第2位、米・デルタ航空が第3位と米国株CFDがトップ3を占める結果となりました。中国株CFDでは、チャイナ・ライフ・インシュアランスが取引高第6位にランクインしました。

■外国株CFDの取引高ランキングは以下のとおりです。

外国株CFDランキング
順位 銘柄 順位 銘柄
1位 Apple 6位 チャイナ・ライフ・インシュアランス
2位 ハリバートン 7位 アリババ
3位 デルタ航空 8位 アルコア
4位 エクソンモービル 9位 ボーイング
5位 Facebook 10位 NIKE

当社は、今後も業界最低水準の手数料体系を維持するとともに、お客様の多様なニーズにもお応えし、総合的な金融サービスをご提供できるよう取扱商品の充実に取り組みます。さらに、より使いやすく、より利便性の高い最先端の取引システムと革新的なサービスを提供するために邁進してまいります。

≪GMOクリック証券公式Facebookページ≫

印刷用

GMOクリック証券株式会社 会社概要

会社名 GMOクリック証券株式会社 <https://www.click-sec.com/ >
所在地 東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー
代表取締役社長 鬼頭 弘泰
事業内容 金融商品取引法に基づく金融商品取引業
資本金 43億4,666万3,925円
▲Page Top